日々是好日

- カウントダウン -
秒刊SUNDAY
プロフィール

おじゃる

Author:おじゃる
音楽、本、スポーツ、おもちゃ、水曜どうでしょうが大好きですねぇ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辻真先「北海道・幽霊列車殺人号」(光文社文庫)
彼女が読んだ本のお下がりです。

北海道の廃線となった駅が舞台のお話。
最近見てきた北海道の広大な風景を思い浮かべながら読み進めました。
でも、題名に「殺人」とあるのだから、推理小説。風景はあまり関係ないわけですがね。。。

前半は淡々とというか、サクサクと話が進む感じ。
登場人物が少し、浅いというか、薄い感じを受けるんだよなぁ。
読み進めるにつれて、その薄い感じを受けた理由はおぼろげながらわかるかな。

推理小説なので、いつもながら犯人とか詳しい内容は書けないけど、
犯人とそれにいたる推理の過程は、いろんな意味で興味深いものでした。
彼女は大絶賛でした。

俺は星3つかな。

俺の感想も薄いなぁww
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ojaoja.blog23.fc2.com/tb.php/109-003f9c6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

辻真先について

辻真先辻 真先(つじ まさき、1932年3月23日 - )は、日本のアニメ脚本家、推理小説|推理冒険作家、漫画原作者、旅行評論家、随筆家|エッセイスト。愛知県名古屋市出身。名古屋大学文学部卒業。日本アニメ界を黎明期から支えた人物の一人。日本放送協会|NHKで『バス通り裏』 ミステリー館へようこそ【2007/03/09 05:06】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。