日々是好日

- カウントダウン -
秒刊SUNDAY
プロフィール

おじゃる

Author:おじゃる
音楽、本、スポーツ、おもちゃ、水曜どうでしょうが大好きですねぇ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタートは当然、くるりのハイウェイ

そしていまは斎藤和義弾き語り
すげーいい
スポンサーサイト
いざ静岡へ
おはようございます。

これから静岡へ行きます。
彼女の引越して、その後は二人で青森まで来るわけです。
いよいよなんですよぉ。

とりあえず静岡の桜が楽しみ。
アラバキ、アーティスト追加発表!
みちのくプロレス!!
第1回以来の参加ですな。
あの時は、ライブの間に走って観戦したなぁ。
暑い日差しの下、とてもまぶしく見えた。
今度は夜、24時から開催!!
どんなテンションなんだろー。
期待です。

アーティストの方は、
GOING UNDER GROUND、EGO-WRAPPIN`、向井秀徳が聞きたいかも。
GOINGの松本君、久々に見たいなぁ。青春ロック!
エゴは、まったり聞きたいな。ビールでも片手にね。
向井さんは、あのエネルギーをまさしく祭で見たい!

そして、前回のベストアクトと言う噂もある多賀城東小学校 BRIGHT KIDS。
機会があるなら聞きたいかな。

あと、キャンプファイヤーライブのおおはた雄一。
ここで聞けるとは。いいなぁ。


最初見たとき、あんま見栄えが。。。
なんて思ったけど、こうしてあげると十分じゃないですかw
エリアマップも出たし、なかなかテンションあがってくるなぁ。
あと1ヶ月!

後は、くるりとbonobosをお願い!
レンタル落ちCD購入
買ったのは、

THE真心ブラザーズ「あさっての方向」
Mean Machine「CREAM」
Flying Kids「真夜中の革命」
SPIRAL LIFE「spiral move TELEGENIC2」
moomin「THE BEST OF MOOMIN」

それぞれ100円でございます。

真心いいねぇ。
歌詞がステキ。「あんなに好きだったのに」とか、「赤いラジカセ」。でも、歌詞カードないんですよねぇww

フライングキッズも初めて買って聴いたけど、なかなかおしゃれな音。


あぁ。今日はアラバキの追加発表。
ドキドキ
貴志祐介「青の炎」(角川文庫)
高校生が家族を守るために完全犯罪を計画し実行する。
その事件を起こす高校生の側から描いた作品。

ミステリーだけど、青春小説。

なんか、読んでいて何かに似てるなぁって思ったら、「白夜行」に似てる。
俺はまだテレビで見ただけで、原作を読んでいたわけじゃないけど。

話はおもしろかった。
後半はぐいぐい引き込まれ一気に読んでしまった。
淡々とした主人公の心の動きがとても出ていて良かった。
彼女とのストーリーも含めて、
とてもせつない、なんともやりきれない気持ちになります。

一気に読ませたってことで星4つかな。

浅野いにお「素晴らしい世界」(小学館)
一気に、1巻と2巻を読んじゃいました。

もったいないことしたなぁ。
もっと味わえばよかった。

感想はまた後で。
じっくり読んで、頭を整理してからかな。
書かないかもですけど。。。

素晴らしい世界だなって、思っていきたいな。
まだまだ捨てたものじゃないなと。
些細なことに敏感な自分であり続けたい。
なんか、そんなことを考えさせてくれました。
アラバキチケット発売
今日はアラバキチケット発売日。
とりあえず、キャンプサイトは抑えておこうと思って、10時にローソンへ。
すんなりゲット。
ところが、家に戻ってネットで見てみると、1時間も経たずにキャンプサイトは売り切れたとのこと。
びっくりです。
なんか、あっさり買ってしまって申し訳ない気分。

午後になって、駐車場を買ってないことに気づく。
そしたら、P1とP2は売り切れ。
ほ~
なんとかP3ゲット。

これで、行くしかないですねぇ。
小沢健二「ECOLOGY OF EVERYDAY LIFE 毎日の環境学」
買っちゃいました、オザケンの新譜。
前作の「Eclectic」が2002年の2月だから、もう4年も前になるのか。
早いなぁ。

その久々の新譜はボーカルレス。
せっかくの新譜なのに、あの声が聴けないのかぁ、買おうかどうしようか、
と思っていたけど、試聴して即レジでした。
いい感じです。

音の感じは、前作をさらに進めたような音。
もうね、いいのよ。ゆったりと。
いい意味でさらっとしてて、耳障りじゃないのよ。
空気のようにして聴けます。
ボーカルレスなんだけど、あちこちで彼の声が聞こえてくる感じ。
やわらかいリコーダー?とかの高い音なんか彼の声そのもの。

ヘビーローテションしそうな様子です。
伊坂幸太郎「魔王」(講談社)
すごく、怖さを感じた。
得体の知れない恐怖。
読んでいて、気分が悪くなったのは風邪の引き始めだからだろうか、
それとも。。。

中篇が2本だけど、話は続いている。
前半は、不思議な力を持ったことに気づいてはいるけど、
それほど深刻な感じはなく、軽妙なタッチで続く。
それが、後半に向けて。。。

お化けが出るとかではないんだけど、
連続殺人のようなことが起きるのでもなく、
猟奇的な事件が起きるわけでもない。

でも、なんか怖いと感じました。
そう思わせてくれたこの作品に
星は5つ。
浅野いにお「ひかりのまち」(小学館)
「ソラニン」に続いての浅野作品。
今回読むことになったきっかけは、最近「ソラニン」を読んだ友達が、
さらにこれも買って読んでよかったと話していたからです。

感想。
すごいです。感動した。
「ソラニン」と同じで、作品の空気感や会話のセンス、絵がすてき。
そしてストーリー。
内容もさることながら、コマ割りを含めて、すごく映画的。
最近の映画でありそうな感じ。

プロローグとエピローグが好き。
どの話もだけど、エピローグの話は切なくて、あまり希望に溢れるって話ではないんだけども、でもあたたかい気持ちになりました。
読後感がよいです。

大事にしたい本です。
星5つ。
僕らの音楽2
今週はずっと、俺にしては仕事の帰りが遅かったので疲れたぁ。
11時台にちょっと寝ることが多かったな。
彼女との電話中に寝ぼけることも、しばしばww

んで、今日のフジの「僕らの音楽2」
ウルフルズじゃないの!!
って気づいたのは、その夜寝?から目が覚めた11時45分。
半分終わってたー。
でも、サムライソウルが聴けたから良かったかな、
と思ったエンドロールでの出来事。

ん?
田島貴男、スガシカオ、斉藤和義の名前が。
あれれ??

そしたら、友達からメールが。
なんとこのメンバーで「バンザイ」を歌ったという。。。
聞き逃したぁ。
男の色香ムンムンだったんだろうなぁ。

残念。
良く見ていたサイト
去年から生ぬるく見守っていたブログ、
バレてない?!
終了となってしまいましたー

毎日見てたのになぁ。
ざんねんです。
辻真先「北海道・幽霊列車殺人号」(光文社文庫)
彼女が読んだ本のお下がりです。

北海道の廃線となった駅が舞台のお話。
最近見てきた北海道の広大な風景を思い浮かべながら読み進めました。
でも、題名に「殺人」とあるのだから、推理小説。風景はあまり関係ないわけですがね。。。

前半は淡々とというか、サクサクと話が進む感じ。
登場人物が少し、浅いというか、薄い感じを受けるんだよなぁ。
読み進めるにつれて、その薄い感じを受けた理由はおぼろげながらわかるかな。

推理小説なので、いつもながら犯人とか詳しい内容は書けないけど、
犯人とそれにいたる推理の過程は、いろんな意味で興味深いものでした。
彼女は大絶賛でした。

俺は星3つかな。

俺の感想も薄いなぁww
デイリーポータルz
俺の大好きなデイリーポータルzに、こんな記事が。
海岸に落ちている物しらべ
記事の題名どおり、海岸に落ちている物を見ていくんですけど、
俺が気になったのは、背景になっている岩岩岩。。。
ん~付加体を構成している石っぽいw

もう、その世界から足を洗って3年経つのに。。。
職業病だねぇ。
willcom
昨日、電話の機種を変えました。
俺の電話は、willcom。いわゆるPHSです
去年の年末から調子が悪くて、最近は、なぜか、ほぼ常に圏外という状態だった。
んで、替えなければならぬことになったわけです。
ここで、変えるにあたって、このままwillcomでいくのか、
ついに携帯にするか、という問題がありました。

でも、まぁ結局willcomに。
よほどの田舎に行かない限りはwillcomでつながるし、
音質はいいし、
安い、はずww
人に番号が変わったって教えるのが面倒ってのもあるけどねww

機種変更で何が変わったって、ついに、カメラがついたこと!!
いまさらですがねぇw
あと、operaついてるからネットできることですかねぇ。
まだまだ使い方が分かりません。
久々に読書
岡嶋二人「殺人!東京ドーム」(光文社文庫)を読みました。

東京ドームという多くの人がいる中での殺人をあつかったもの。

殺人をしたシーンも最初のほうに描いているので、犯人はわかってるんだけど、
どんな展開になるんだろうって思い、一気に読み進めてしまった。
さらっと読ませるのはうまいなぁって思った。
でも、犯人がサイコというより、
少し知的障害っぽい人ってのがいまいち。
本人にはあまり、罪を犯しているって意識がないからなぁ。

だから、星は2つ。
次は岩手の旅?
6日(月)
フェリーで熟睡。起きたのは到着30分前の放送で。
4時過ぎに到着。
近くの車の上に犬ぞりが!!
そして。。。

[READ MORE...]
北海道どうでしょう その2
5日(日)
起床。
Fの彼女の手による朝食。
昨日精米した米、道の駅で買ったそば、マグロの刺身、ソーセージ。
今日は、Fの彼女も一緒に出かけます。

[READ MORE...]
北海道どうでしょう その1
3日(金)
俺が家に帰るより先にKが家に来る。おでん君を鑑賞。
いざ出発。
BGMは1/6の夢旅人、ばらの花、小沢健二「LIFE」!
晩御飯からサイコロころころ。
はい、イタリヤ料理の食べ放題。いきなり重い。
フェリー埠頭へ。窓口の予想以上のこみっぷりにびっくり。
ビール500ml6缶パック、揚げせんべい。
乗船。そんなに混んでいない。
さらば八戸、待ってろ北海道。
子供は元気一杯。
ビール多すぎ、俺は2本でギブアップ。
揺れは少なくぐっすり就寝。
[READ MORE...]
お出かけ
今日の夜から旅に出ます。
福島からやってくる友人と、フェリーに乗って北の大地に。
2年ぶりの上陸でございます。

往復フェリー泊+一泊の3泊となるのは決まってるけど、
それ以外の行程は不明。
北の大地の友人presentsとなる予定。
予定は未定。

さらに、帰ってきてからは電車旅。

どうなることやら。。。
濡れ雪
今日から3月。

でも、朝から1日雪、雪、雪。
しかも、濡れ雪。。。
春が近づいているしるしの雪とはいえ、帰りは頭がぐっしょり。
傘をさしている人もいるけど、俺は雪で傘はささないんだよな。
なんか、雪を感じたいんだよね。
雪は空から降るのを眺めるだけでも楽しいもの。
だから傘をささずに、雪を五感で感じたいんだな。

雪にも匂いがあるよ。キーンと冷えている匂いw
降ってる雪より、積もってる雪のほうが感じるかも。

そんな自然の感覚を大事にして、季節の移ろいに敏感な人でいつづけたいな。


島田洋七「佐賀のがばいばあちゃん」(愛育社)読んだぁ。
彼女、っていうか嫁さんになるのかw、から借りて読みました。
貧しいけどそれを気にせず、凛とした、一本筋の通った態度のばぁちゃん。
「人に気づかれないのが本当の優しさ、本当の親切」
確かになぁ。お仕着せがましいのはよくないね。
何事に対しても自然体でフラットでいたいです。


なんか珍しく、こうなりたいってのが続いちゃったなw
THE有頂天ホテル~
THE有頂天ホテル見ました。

ってのを昨日の夜書いたけど、途中で間違って消えてしまった。
もう一回書くのも面倒だ。。。くそぉ~。

つうことで簡単に感想を。
なんといっても、キャストが豪華。
そして、それぞれが素晴らしい。
佐藤浩市はかっこいーし、役所広司の演技の幅の広さに天晴れ。
この二人の演技を見ただけでも満足できたかも。
それに加えて、松たか子の気風のよさも爽快だった。
YOUの歌を初めて聴いたかも。聞きほれた。
生瀬は相変わらず怪しいしw
演じる人もいいけど、役もまたいいキャラクターなんだよねぇ。
三谷作品はあまり悪い人ってのがでないから、ほんわかと楽しんでみれるなぁ、と。

話は群衆劇。
俺はこの形式が好きだなあ。
さまざまな話がいろいろリンクしてて、まさに人生というか、日々の生活はこうだよって思うもの。
それをスマートにきれいにまとめ上げる三谷さんの力量に乾杯です。

ちょっと残念だったのは、ラストのパーティーかな。
もう少し長かったらよかったなぁ。

また見たいし、星5つで!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。