日々是好日

- カウントダウン -
秒刊SUNDAY
プロフィール

おじゃる

Author:おじゃる
音楽、本、スポーツ、おもちゃ、水曜どうでしょうが大好きですねぇ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すべての音楽ファン必見!!
大げさな題名書いてしまいました。
何を見たかと言うと、
みうらじゅん原作、峯田主演の「アイデン&ティティ」です。
やや、いまさらな感がありますが。。。
だって見たいと思ったときには、レンタル中だったんです。

それで、見た直後の感想が、この大げさなタイトルです。
いや、ロックを感じました。
峯田がいいのよ。
この役は彼しかいませんね。
セリフ、一つ一つがいいのよ。
メガネをコンタクトに変えろって言われたときに、
そう言うなら俺は変えない、それがロックだ!
みたいなセリフや、
ライブ前の大人を困らせてやろうぜ、ってセリフの表情。
サイコーです。

手元に置いておきたいような一枚でした。
ぜひ、お暇なら見てくださいませ。
スポンサーサイト
ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!
ビデオレンタルが100円だったので、前から見たかったものを借りました。

ウォレスとグルミット。
10年位前になるだろうか、何気なく夜にテレビをつけていて、
チャンネルをNHKに回したらこれがやっていた。
ドタバタ劇。
いやぁ、おもしろかった。
ペンギンのやつなんか、おもしろかった印象がある。
ミスタービーンもそんな感じでであった作品だなぁ。
最近、こういうやつはNHKでもやっていないような気がする。
それ以上に、ぼーっと何気なく夜、起きていることも無いからなぁ。
社会人だしねぇ。

そして今回の作品。
2時間近くと、テレビで見たやつよりは長くなっている。
だからか、少しだれた感じもあったなぁ。
こういう作品は、も少し短いほうがいいかも。
でもキャラクターがどれも憎めなくていいです。
ウサギとか、ビクターとか、その愛犬とか。
当然、ウォレスやグルミットも。
おなじみのドタバタで、2時間近くを楽しませていただきました。

また、こっそり、前にテレビでやっていたやつを再放送して欲しいな。
地下鉄(メトロ)に乗って
久々に映画を見に行きました。
見に行ったのはこれ。
前に映画を見に行ったときに、予告編でやっていたのが気になったので。

そしたら、予想を裏切る展開でした。
予告編はファンタジーな感じだったけど、実際は結構重さを感じる話でした。
タイムスリップして、自分の父親の若い頃を見るという話ではあるんだけど、
そこに、自分の愛人も一緒にタイムスリップして、段々に見えてくる二人の関係。
そして、驚きのラストってな感じでした。

主人公の会社の上司が持っていた小説「罪と罰」。
見終わった後に、この言葉が頭に思い浮かびました。
人はそれぞれ、罪を抱えてて、いつかは罰を受けるのかなぁと。

堤真一も、大沢たかおも、常盤貴子も、岡本綾もいい演技してました。
特に大沢たかお。背景が違う、様々な年齢での演技をできるのはすごいなぁ。
岡本綾は、自分の中では幸が薄い役のイメージに固まりつつあります。。。

今度は原作を読んでみないとなぁ

映画ばかり
ツタヤができたことで、映画づいている今日この頃です。
月曜日には「イヌゴエ」、昨日は「ハリーポッター アズガバンの囚人」を見ました。

「イヌゴエ」は、突然、父親に犬を預けられた主人公に、犬の声が聞こえる!って設定。
なんか、自主映画みたいな雰囲気の作品だった。
映像もなんかデジタルカメラで撮ったみたいな色合い。
そんな中、犬を連れた主人公が、犬を連れた女の人と出会うシーンが、ずーっと引きの絵で、
顔がはっきり見えなかったというのが印象的だった。

もう少し、犬が出てくるのかと思ったらそうでもなかったなぁ。
だから星は2つで。


「ハリーポッター アズガバンの囚人」は、自分にとってはじめてのハリーポッター作品。
原作も読んだことないし、それ以前の映画でも見たことなかった。
嫁が原作を読んでいるし、映画も見ているのでそれに付き合っての初接触。
素直な感想としては、意外と子供だましの作品ではないんだなぁってこと。
どんな結末なんだろうと興味津々で見てました。
でも、あの厚さの原作を映画化するのは大変ですね。
原作を読んでいない俺でも、ストーリーを省略しているだろうなぁってのを感じました。
ちょっと原作を読んでみてもいいかなとも思いました。

つうことで星3つ。

映画を見ました
ついに我が町にもTSUTAYAができましたっ。
ということで久々にDVDを借りました。

一つ目は「真夜中の弥次さん喜多さん」。
ご存じ、宮藤官九郎監督作品。原作はしりあがり寿。
内容は、ホモの弥次さんがホモの相方の喜多さんのアル中を治すために伊勢参りをするというもの。

見所は荒川良々の大集団かな。あの顔が集団でいるってのは、かなりの見応えよ。
あとは、まぁねぇ。
次にどんな人が出て、どんな話になるのかなって期待はさせるよ。
あまり飽きずに見ることはできた。

良々が好きな人は必見だな。


もう一つは、「さよならcolor」。
名曲である、さよならcolorをモチーフに竹中直人が描いた作品。
ストーリーは、主人公である竹中直人が勤める病院に、高校時代の憧れだった原田知世が入院してくる。そこでの不器用でそして素直な愛の話。

原田知世は美しいねー。まさしくマドンナです。
そして比較的抑えた演技の中で、ラストの場面が印象的だった。
竹中直人は不器用な感じがすごく伝わる演技。いつもと変わらない変態的な感じの中に、内に秘めた彼女を思う気持が見えました。

全体的に落ち着いていて、淡々と話が進んでいくから途中でやや睡魔が。

この作品も所々にゲストが。患者の中に田島貴男がいたときは笑ってしまった。

あと、ガラスのランプが割れたのが、あまりにきれいに割れていたのもあって、すごく印象的。いつかは壊れてしまうって、なんかせつなく思った。

モチーフにした曲のように、さよならから始まることもあるんだろうなぁって思ったけど、ちとせつないラストかなぁ。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。